>Topics>鍵なくした場合の対処法【冷静に行動することが大切】

鍵なくした場合の対処法【冷静に行動することが大切】

手

鍵なくした時に想定される被害

空き巣被害が、鍵なくした時に想定される被害の代表例です。自宅とはまったく関係のない場所で落としたのなら、悪用をされる可能性は低いでしょう。しかし、例えば自宅の玄関前で落としてしまうケースも考えられます。その場合は、拾ってすぐに鍵を使われてしまうこともあるはずです。ストーカー被害に遭っている女性などは、さらに深刻な事態に遭遇してしまうかもしれません。被害を最小限に食い止める工夫はしておきたいものです。

修理

鍵なくした時には紛失届を出そう

警察に紛失届を出しておけば、親切な人が拾って交番に届け出てくれた場合、すぐに連絡をしてもらえます。運が良ければ鍵の交換をしなくても済むので、必ず紛失届だけは出しておくようにしましょう。これを出さないでいると、万が一警察に届けてもらえたとしても、自分の元に連絡がくることはありません。悪用をされたときの警察の対応も、紛失届を出しておけば早くなる可能性があります。

鍵と錠の違いとそれぞれの特徴

携帯するかしないかも鍵と錠の大きな違いの一つ

鍵と錠は、時折混同して使われるものの、厳密にはまったく違う役割を持つものです。錠はドアなどに固定されている設備であって、基本的に携帯するものではありません。この錠が閉じている状態なら、ドアは開けられません。錠のロックを解除してドアを開けられるようにするためのアイテムが、鍵なわけです。鍵は錠と違い、持ち歩くことが多いです。

鍵はスペアを作れる点が特徴的

基本的に、鍵と錠はセットで売られています。そのため、同じ特徴を持つことが多いです。カードタイプの鍵なども出てきていますが、その場合は錠の側もカードリーダータイプになっているのが普通です。ただ、どんな形にせよ携帯性の観点から、一般的に鍵の方が小さいという特徴があります。また、鍵は複製が可能だという特徴があります。錠は原則として複製して使うことはありません。